2011年02月28日

雪女

 緩んだ包帯の隙間から見える世界は、少しだけ遠くにあるように映った。
 世界は冬だった。
 包帯がとけるまでの時間、冬は続いた。

 方角もわからない街の中で僕は解放される。人に話しかけることができなかった。勘だけを頼りに僕は歩き出す。月が落ちて、雪になった。自転車が古びたドアのように音を立てて通り過ぎる。ドアの向こうでおじいさんが、新しいラジオを組み立てている。まだ完成していないできかけのラジオから音楽が流れてくるが、心して聴こうとするとその音は途絶えてしまう。雪は、細かく、虫の群れのように留まっている。まだ、あれはなりかけている雪の途中なのかもしれない。人の多く歩く方へ、ついて歩いていく。足跡は必ず駅へと続くだろう。それがどこの駅であってもいい、僕は切符を買い、この街から逃げてゆくだけ。けれども、頼みの足跡は、漂い、留まり、戯れ、あげくの果てに途切れてしまうのだった。次の足跡を探す前に、僕はしばし立ち止まらなければならない。そうして何度も、僕は歩き出し、悲嘆に暮れては立ち止まった。雪は、今ではありありと雪になっていた。落ちる度にとけてゆく雪は、積もることなど不可能なことのように思えた。この雪が、日々の返済ごとに充てられるということはないのだろうか。風が強まり向きが変わったせいで、首を締め付けていたマフラーが解けて、飛んでゆきそうになるのを手で押さえる。歩くにつれて風は強まり、雪を散らせた。それでも夜は濃くなってゆく。
「見てはいけない」
 マフラーと思っていたのは、本当は包帯だった。女は、巻き終るまで見てはいけないと言った。幾重にもずれながら、それは呼吸をするためだと女は言った、包帯は僕の首から肩にかけて白く巻かれていった。体に触れる女の手は、とても冷たかった。幾重にもずれながら、それは前に進むためだと女は言った、包帯は肩から胸にかけて強く巻かれていった。包帯によって守られ、包帯によって閉じ込められてゆく、幾重にもそれは容赦なくどこまでも途切れることがなかった。
「まあ大変ね」
 人々は、いたわりと恐れと好奇心の奇妙に入り交じった目で僕を見るのだ。
 冷たい……。それが体に触れる雪のせいか、女の手によるものかわからなかった。
「さあ、できました」
 ようやく作業を終えて、女は言った。
 完成した雪だるま、それが僕だった。


タグ:雪女
posted by 望光憂輔 at 19:42| 冬の包帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

木綿のハンカチーフ

 夜の降りたピッチの上を走り回って、逃げ延びる。けれども、すぐに鬼になってしまう。鬼はいつでも嫌われ者で、鬼になるのは嫌だと言ってみんなが逃げ回るので、早く誰かに触れて人間になりたいと思う。人間になろうと思う。
「なってどうするの?」
 別にそれが目的というのでも、それで終わりというのでもない。ただなろうと思っただけだった。 思わぬ一言が重々しく響いて僕の足を止めてしまう。鬼のままでもいいというのか……。
 僕は彼女の一言に動揺して転倒してしまった。

 幾つも並んだパイプ椅子の上で、年老いた人々はマジックショーが始まるのを待っている。一番後ろの隅っこの椅子、お婆さんの隣に僕も座ってマジックショーを待った。もうすぐ、カーテンが開いてベッドの上にライオンが現れて炎の輪を潜る。あるいは、白くまが現れて黄色い5号球の上に乗りながら、丸めた雪でお手玉をするのだろう。僕は受付で受け取ったプログラムに視線を落とした。そこには人間の身体の図が描かれている。肩の辺りに印がつけてあり、それが僕の右肩だと思い出す頃、僕の周りに腰掛けている人々の誰もが、僕の父や母であるように思えてきて、もう顔を上げることができなくなるのだった。
「よいしょっこらしょ」と遠くからおばさんが、沈黙を破って僕は少し気楽になった。
「この機械動いてるの? うんともすんとも言わんけど」
 しばらくして名前を呼ばれた。僕は3番のカーテンを開けてベッドに腰掛けて右の肩を出した。適当な場所に吸盤を装着して電気が流される。看護師が去った後で昨日よりも強く感じられる刺激に耐えながら、僕はおとなしくして僅かな時を待っている。天井からオルゴールの雫が落ちてくる。木綿のハンカチーフ。

posted by 望光憂輔 at 13:51| コサルビト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月24日

冒険の宿

 斎藤さんに適当な借家を用意してもらったが、あまりにも町から遠く高くどこかわからないので、僕は結局知らない人の家にお邪魔することになってしまった。「どうしたの?」などと知らない人に訊かれるのが嫌で仕方かなかったから、そうしたのだった。荷物を適当な場所に置いて開くと、12月のグミが大量に出てきて、触っていると親指がだんだんとふにゃーっとなってきた。母に似たお手伝いさんがやってきて僕の手の平にお茶の葉を注いだ。笑顔が素敵で、とても不親切な女だった。仕方なく、野球盤に熱中していると外からおじいさんが帰って来たので、僕は試合を中断して荷物をまとめた。襖を開けて「失礼します」と挨拶した。大きな家族なら誰かの客であることもあるのだろう。たとえ僕が誰とも縁のない完全な通りすがりだとしても、礼を尽くして通り過ぎれば咎められることもないのだ。追い出されるよりも早く、僕は自分の行き先を選びたかった。「こんばんは」とおじいさんは頭を下げた。歩道の傍に細長い階段を上がり、オレンジ色の塔の中で僕はレモンソードを手に入れた。そこには他の宝物は見つからず僕はまた迷子になってしまう。そろそろセーブしなければと思うが、冒険の宿が見当たらないのだ。この世界は、なんて不親切なのだろう。それでいながら、救わなければならないなんて。急げ、時間はそんなには残されていない。
 駆けつけると宇宙軍が港に着いたところだった。けれども、一瞬早く、地球軍も港に着いたようで、歓迎と戦闘の準備が同時に進められているようだった。宇宙船は、風邪をひいて静養中の児童のように停泊していた。一方、地球船からは、入学式へ向かう父兄たちのように慌しく人が溢れ、手には旗や果物や花束やビデオカメラなどがあった。けれども、反対にペンや分度器や裁縫道具やラーフルを持って駆け出してくる者もいるのだった。プレジデントをつれて、僕は将軍の元へ駆けつけた。「こちらがプレジデントです」紹介すると将軍は機関銃を肩から下ろし、軍手を外して一歩進み出た。プレジデントとその父を交互に見、そしてまずは年老いた方へ向かって手を差し出した。

タグ:ラーフル
posted by 望光憂輔 at 16:54| 夢まち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。