2011年02月17日

待合室

 こんなにも単純で不親切な案内図があるものかと、僕らは茶化してみたりしたものだ。「どうやって行くの? この矢印は何なの?」内部の事情を少しは知っていたから、それでも僕たちは歩き出すことができたのだけれど、早速おかしな階段が出てきて邪魔をする。「どうやって階段に入るの? 入口が狭すぎるよ」「潜れないよ。これじゃあ入り込めない」けれども、その内僕はいいこと考えついて、横からぴょんと入るのだ。僕は横からぴょんと階段に侵入して階段を歩いた。すると元の場所に戻ってきた。「意味ないじゃない。何なのこの階段」確かに意味がない、苦労して入っても行って戻ってくるだけの短い階段だった。ケイちゃんは、僕の部屋にやってきて、僕のテーブルが小さいと言って文句を言った。「一人分のだから充分なんだよ」
 お菓子の袋を抱え込んで、僕は待合室の安楽椅子に座っていた。フロアー全体がどこまでも待合室で、どこまでも張られた硝子から雑草が生い茂った土の庭が広がっていた。もしかしたらそれは、巨大なスクリーンなのかもしれない。そのような気がするのは、僕が食べそびれてしまったからかもしれない。だから、僕はそれに抵抗する武器として、あるいは拠り所としてお菓子を抱えているのだ。メールが入る。開くと、星座を問いかけられている。それはすぐに声へと変化した。「何座だった?」馴染むことのできない馴れ馴れしい声には聞き覚えがあった。答えると次の問いにずれる。声の向こうには別の声も交じっている。「答えてる? ちゃんと答えてるの?」次第に僕は、答えられなくなってゆく。空き缶が転がる音で目を開くと、それは僕の足元の方へ扇を描いて近づいていた。コーラがじわじわと溢れ小さな気泡と共に広がった。姿勢を変えずに視線だけを落として静観していると赤い缶は少し離れたところで止まり、溢れるものも落ち着いたので、やはり僕は動かないことにした。けれども、少しすると空き缶は、再び黒い液体を吐き出した。それは前よりも強い黒で素早い波だった。不意に押し寄せた波に、僕は両足を上げて難を逃れた。けれども、間を置かず押し寄せてきた次なる波に、すっかり取り囲まれてしまい、僕は身動きができなくなってしまった。「大丈夫ですか?」その時、声が聞こえて、僕の隣にも人が座っていたことに気がついたのだった。その言葉の、主語を探して、僕は硝子の向こうを見渡した。揺れている。安楽椅子が、あるいは全体的に。「ここの下は、カバですからね。今、ちょうど暴れているのでしょう」男は言った。

ラベル:小説
posted by 望光憂輔 at 13:59| 夢まち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。