2011年05月19日

公園通り

 慌てていたのでリュックを置いてきてしまったけれど、僕は逃亡する小人を追いかけなければならなかったのだ。「待て!」すると急に小人は立ち止まり振り返った。「おまえ、Bの近くにいつもいる奴だな!」僕は小人に知られていることが突然気がかりになった。「言いつけてやるぞ! 待てなんて言いやがって」言いつけられることはいいとしても、いったい誰に言いつけるのかということが気になって、僕はゆっくりと歩調を落とし、ドリンクバーの中に落ち着いてしまったのだった。そこにあるのは、どれもこれも飲みかけのミニッツメイドでちゃんとラップがしてあった。僕はオレンジを選んで喉を潤した。
 暗い夜道に電車はなく、明日は大会なのでタクシーでも拾おうかな。どんどん暗い道を、僕は引き返している。三叉路にふらふらと迷い込んだような車が入ってきて、一瞬明るくなったが、またすぐに闇が戻る。季節を思い出すように、姿を見せない虫が鳴いているが、不意に人の気配。公園通りに警官は冗談を交わしながら大勢で歩いている。大げさな笑い声に割って入るようにワゴンがやってきて、中から今度は私服警官とゴマを全身につけた力士風の男たちが降りてきた。恐ろしい肉弾戦が始まった。「ちょっと見ていってよ」と制服警官が言った。本当は恐ろしいことが行われているのに、ギャラリーを傍につけることによって、何か楽しい祭りのような風に見せかけようとしているのだった。僕は言われる通りに足を止めた。ばちばちと肉体が当たる音がする。その度にゴマが弾けて、闇の中に光った。手錠もつけていない囚人たちが間近で暴れているのは恐ろしいけれど、世界一ということではないのだし、きっと大丈夫、私服警官だって強そうだ。

タグ:ラップ
posted by 望光憂輔 at 19:56| 夢まち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。