2011年06月24日

ゲームセンター

 校舎の周りを回っている。遠心力をつけてゴールを狙うのだ。正面から警戒されている時、その時はゴールの後ろに回り込んで、突如としてゴール前に顔を出すのだ。雲の後ろに隠れながら、雨の代わりに円盤を投げ出す時のように。そうしてゴールを狙う。守りの人は、警戒して前ばかりでなく、だからゴール裏も警戒している。裏を取られたと悟った時は、ゴールを抱えて逃げ出したりするのだ。そうした駆け引きが幾つもあって、僕は校舎の周りを回る。合間に昼食を取る。僕がお弁当を置いて確保していた机のすぐ横で、女二人がお弁当を広げ始めていたが、元からその空間は僕も確保していたのだし、わざわざそこから離れる理由もないことから、僕はそこに身を置いてお弁当を食べることにしたのだ。女は、女同士で口数の少ない会話を交わし、僕は視線を低くしたままお弁当に対してだけ口を開き続けた。二本の箸が最後の隅々まで掃除を遂げた時、お弁当箱は空気のような存在となり、同時に女の会話がピタリと止んだ重みによって僕は押し出され、再び校舎の周りを回っているのだった。ゴールの裏から密かに近づこうとすると、守りの人は背中のシャツを風船のように膨らませて、逃げ出した。ゴールを追っている内に、女子寮の中に迷い込んだらしい。
 プレミアムカードをお持ちの方は全店10%オフというポスターが至るところに貼られているが、誰の姿も見えないのは間もなく消灯時間21時を迎えるからだ。階段を駆け上る。今通ったばかりのゲートが下りて、もう僕は後ろに戻れなくなる。明かりが、少しずつ消されてゆく。ポスターとタイルが艶を失って、落ちてゆく。戻りたい意思と反対に作られた道が、僕を侵入者に仕立て上げていく。熱風に持ち上げられて階段を上がる。ざわめきが、聞こえてくる。それは男たちのざわめきだ。自動ドアが開くとそこはゲームコーナーで、エンジン音の唸りが僕の鼓動を打ち消してくれる。「仕方のない生き物ね。男たちというのは」緩やかに滞在許可を出す女の声が窓から聞こえてきた。父がハンドルを握り、僕は助手席に座っている。ずっと三島由紀夫が流れていて、ずっと父は黙っていた。延々と湾曲した海沿いの道を、父の顔は、行き先と関係なく曲がってゆき、それに合わせて握力が失われてゆくようだった。「お父さん?」父は、どこも見ていなかった。蛇行。「お父さん?」僕は、ハンドルを支え、父の上からブレーキを踏んだ。「危なかったな」缶コーヒーを差し出しながら、助手席の男が言い、運転席にいるのは僕だった。父は、いない。「これだから田舎道は嫌なんだ」見知らぬ男は言った。後ろを見ずにドアを開けたものだから、ちょうどやってきたイルカとあと少しで接触するところだった。


posted by 望光憂輔 at 02:41| 夢まち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。