2011年07月29日

返却の旅

 売ってくれと言われて泡を食ってしまう。だってそれは伝説の建設剣なのだから。「1000円でしょう?」そんなはずはないのに堂々と主張されるとたじたじとなり、逃げ出すこともできないので鉛筆の先を口に含んだ。どうしたって言われてもそれはあんたがそうさせたのだから、あんたが悪いんだよ。あわあわあわ。芯が砕けて役立たずになり、輪郭が崩れて開けてゆくカツオ節の向こうから太鼓の音がする。「コーヒーを買ってきます」

 アウェーに乗り込むこととなった監督は、エースのしんじをキーパーの後ろに配置することに決めたのだった。敵のエースの攻撃にさらされた時も、最後は味方のエースがピンチをことごとく蹴散らしてくれるという狙いだったが、攻撃力の低下は免れなかった。いくらアウェーでもという声が、主力選手の中から多数上がった。しんじは監督の息子だったのである。僕は、缶コーヒーを間違えて買ってきた。建設剣はおじいさんに返しに行こうと思う。

 道の途中に坂があって、転がっているとデパートの渡り廊下につながっていた。ミス千里眼が、地下一階にいながら、7階の模様を探っている。「また新しいメニューが追加されました」。店の配置も、人の流れもすべてが見えているようだった。3人の人が、並んでいるのが見えると言った。その内の1人が僕なのだった。「そうです。白葱とんこつラーメン」千里眼が見通した。正午が近づいて、人々が集まってくる。千里眼の操作によって、配置はすべて決められていた。押しのけられて、突き飛ばされて、転げ落ちると、僕はハ行を見上げていた。それでいて、目的のアーティストを見失っているが、それはよくあることだった。ハ行ではなかったかもしれない。頭に「ザ」がついて、サ行になっているのかもしれない。けれども、サ行の前ではダンス大会が開かれていて、立ち入ることができない。気がつくと後ろに女の影があった。「私もまた、CDを売るからね」。女はそれだけ告げて去って行った。

 剣をひとふりすると、ワイシャツの襟が立ち上がったけれど、それは僕の首から大きく遠慮した距離を取り、中には冬の風が吹き込んでいた。「並んでいるのですか?」「いいえ。僕は、パンを選んでいるだけです。でも、これと決めた瞬間には、並んでいることになるでしょう。その時は、肩の向きを今より少し向こうにするつもりです」まくってもまくっても、袖が落ちてきて、パンさえ落ち着いて選ぶことが出来ないのだった。まだ、みんなは僕がコーヒーを間違えたことを責めているのかも知れなかった。女は、僕の首に手を回し、襟のサイズを見てくれた。ずっと見つめられているようで、恥ずかしくて、僕は女の顔でみんなから自分の顔を隠そうとした。何も悟られまいとして、一層女の顔に、明るさを失うほどに繊維が浮き上がるほどに、自分の顔を近づけた。消えてしまいたい。そう思うと、もう2人きりになって歩いていた。「おじいさんは、いるかな?」。煙草屋の前までやってきた。戸を開けると、ガラガラと鳴った。僕は、剣を掲げながら、「御免ください」と言った。

posted by 望光憂輔 at 03:40| 夢まち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月28日

ドアと手

 ヘルメットを被った赤ちゃんがどんどん降りてくるので、落とさないようにキャッチしなければならない。「あの雲からこっちが私の物語ね」と女は言った。じゃああの雲からこっちが僕の物語だ。洗面器を抱えながら、次々と落ちてくる赤ちゃんを受け止めた。僕の方に少し片寄っている気がする。洗面器が随分と重くなり、足つきが不安定になってきた。移さなければ。いっぱいになった赤ちゃんを、バケツに移しに行く。その時ばかりは、物語の境界を越えて、女は助けに来てくれた。ありがとう。いえいえ。けれども、その時にすくった赤ちゃんは、すべて女の物となった。それでちょうど良い感じだった。ヘルメットで守られているため、赤ちゃんは静かに静かに降り続けた。赤ちゃんが降り止むと、女はいなくなっていた。
 誰かが部屋のドアに近づくのがわかった。もう一つの鍵を使って開けようとするのがわかった。ドアのランプが赤から青に切り替わる音がする。開いてしまう、という瞬間に手を伸ばしてドアを押さえた。「誰だ?」声は出せなかった。ドアをすり抜けて手だけが入ってきて、ドアの内側に貼りついていた。指の長い手。男のものか女のものかわからなかった。じっと耐えていると急に圧力が消え去った。手だけを残して、足音が去ってゆく。奇妙なものを忘れられては困ると思い、ドアを開けて追いかけたかった。けれども、体が動かなかった。振り返ると、ベッドの上に赤ちゃんを抱いた自分の姿があった。赤ちゃんと一緒に眠っているのだった。起こすことは気が引けた。再びドアに貼り付いた手を見た。手ではないものに変わるまで、見ているつもりだった。

posted by 望光憂輔 at 03:16| 夢まち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月24日

土作りの薄暗い家

 車はゆっくりと下がっていた。ヒッチハイクで拾った車は、僕の目的地よりも彼女とのかくれんぼの方を優先しているので、旅は遅々として進まなかった。「今、いなかったかな?」曲がり角まで下がって、男はつぶやく。僕は答えない。後ろから、クラクションが鳴り響く。思い直して、男はアクセルを踏む。車は加速して、黄色信号と同時に更に加速して、交差点を通過した。強い日差しがフロントガラスから照りつけて、運転手はいつの間にか兄に変わっていた。名所を巡る旅をしていた。兄は、駐車場でもないとんでもないところに、車を挟み込むようにして止めた。なぜか、泥棒が入った後の家のようだと思った。
 土作りの薄暗い家の中で、人々は展示品に見入っていた。幾つものワイングラスが逆さまになって宙に浮いている様を、硝子のような眼で見つめていたのだった。けれども、僕は見つめる側ではなく展示品の中に入り込んで、逆さまになって宙に浮いてみせた。何秒も経って、僕が奇跡を演じていることを認めた人たちは、大いなる拍手で僕を包み込んだ。「どうやってるの?」誰かがつぶやく。充分に楽しんでもらってから、少し頭に血が上り出した頃に、僕は一回転して着地すると展示品の中から抜け出した。新しくやって来た人たちは、単にマナーを守らない若者の一人がいるくらいに思ったことだろう。居合わせた親戚の人たちに、僕は自分の秘密を打ち明けなければならなかった。「まだ幼い頃でした。同じ夢を何度も見ました。僕は空中に一定の間留まることができたのです。現実の中で試してみたところ、夢の中と同じようにできました。停留時間は、夢の中でも最初は数秒でしたが、今は数分間は大丈夫です。けれども、体力は確実に消費しますし、地面との距離によって恐怖も増します」親戚の人たちは、浮き上がる僕の話を見上げながら聞き、「ほーっ、そうか」と伯父さんが言い、やがて皆背中を向けて帰っていった。「おまえは三番目だから、もっと飛躍しないとな」土作りの薄暗い家の傍で、男たちは重たい話をしていた。僕らは駆け寄って、「三人のコント師の人でしょ」と言った。テレビで見たことがあった。「お兄さんたちは、三人のコント師なんでしょ」三人は、何も答えずに話を続けた。
「僕が昔、住んでた場所を覚えてる?」姉は、覚えていないと言った。それは今と同じ住宅の西側の端から三番目のところだった。「もしも、100回飛んだとしても、それが全部夢だったら? それもこれも夢だったら? 夢を現実と自信を持って、現実の中で飛んでしまうとどうなるだろう?」姉は、足の爪を切りながら、そういうこともあるかもしれないと言った。「貼らせてもらっていいかな?」代わる代わる家の前に業者がやって来て、紙を貼っていく。70%OFF。

posted by 望光憂輔 at 22:34| 夢まち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。