2011年09月30日

猫と五千円札

 別館への廊下を歩いていると駐車場に出てしまった。五千円札を抱いた猫の向こうに海が開けていた。小さい猫だからといって、我先に奪って行くような、そんな奴は信じられない、と彼は言った。
「そうだね」
 何気なく出た相槌が、深い共感を帯びて自分の耳に響いた。猫は札を抱いたまま安心して眠っている。どこでもらったのか、誰から預かっているのか……。
「僕は行くよ」
 彼は行ってしまった。湖の色が黄色から緑色に変わり彼方から紙の船が近づいてくる。通り過ぎる人は、誰も猫に関心を示さずに通り過ぎた。けれども、そよ風に撫でられて猫は寝返りを打った。五千円札はまだ猫のすぐ傍にある。

「昼はどうする?」
 少女の声が聞こえ、同時に、そんな奴は信じられないという彼の声が再び聞こえてきた。風が徐々に猫と札との距離を離し始めていた。もうすぐ誰かが目に留めてしまうだろう。悪意のない風が、誰かに悪意を吹きかけるのだ。
 船から男が降りてきて、彼女に追いついた。彼女の質問は、父に向けられたものに違いない。
 一台のバスが着いて、旅行途中の子供たちが降りてくると、猫の周りを取り囲んだ。猫は驚いて目を覚ます。自分の手の中にあるべき何かを探して振り返るけれど、そこにいるのは白い息を吐いて、短い言葉を操る子供たちばかりだった。「かわいい!」「まだ子供よ」

 今落ちたボタンを拾うようにして五千円札を手にすると、僕は封筒に入れた。
「キミの恋人に返さないと」
「あれはクジラよ」
 猫は、驚いたように言った。クジラとはどういう意味だろうか。僕は猫を抱いて、レストランへと歩き始めた。


posted by 望光憂輔 at 01:39| 夢まち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月29日

無限コーナー

 靴紐を何度も結び直すのを審判が急き立てているが、それでも彼はまだ水分を補給する余裕さえあった。どうせまだ蹴らないのだろうと僕らはフェンスの外でまだ夏休みの思い出話をしていた。あの頃は、終わることが来ようだなんて誰も夢にも思わなかったけれど、こうして終わることになってみるともう一度最初から巻き戻してやり直してみたいものだ。最もよかったのは、夏休みに入る前の、まだ夏休みを楽しみにしていた頃だった。まだ始まってもいない、終わりに向かうことも決してない夏休みの原型の中に、本当の安らぎはあったのだ。コーナーキックは、フェンスに当たってやり直しになる。もう一度、もう一度。

 七度目のコーナーキックが宙を舞う頃、僕たちはライン際を回って、外野の守備へと向かった。
「ペンを持ってる?」
 互いに装備を確認し合った。新しい課題が見つかった時のために、僕らは常に筆記用具を身につけていたのだ。小さなノートから伸びた白い紐が、ペンの後ろにくっついて自由に伸びる様を彼は自慢げにこちらに見せつけた。
「考えただろ」
 逃げないようにと言った。どんな打球を追いかけて、走り抜けようが、高く飛び跳ねようが、ペンがノートと離れ離れにならないように……。低めに集めたエースの投球は、いかなる打球も外野へと運ばせなかった。陽だまりの中を悠々と横切っていくのは、小さな猫だった。


posted by 望光憂輔 at 02:05| 夢まち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月28日

夢のゴール

 家賃をちゃんと振り込んだ後は、その明細票を持って帰り部屋に飾っておくことにしている。それは何かの安心のためだった。もうちゃんと振り込んだから、ここに住んでも大丈夫という安心。先のことはともかく当面のとこは、ここに住みここで食べたり眠ったり夢見たり、夢見たことを記録に残してネットを通じて世界に発信したりできるのだと思うと、少し安心できる。
 狭く限られた空間の中で許されるボールタッチ、ドリブルがある。それは机の脚や、椅子の根本に当たらないように気をつけてするドリブルだ。僕は動いているようで動いていないドリブルを編み出す。前へ行こうとしたり森に行こうとしたり、後ろへ行こうとしたり京都に行こうとしたり、右へ行こうとしたり海に行こうとしたり、左へ行こうとしたりイスカンダルに行こうとしたり、そのような素振りの中で身体を動かして、何度もボールに触れるけれど、実際には僕はどこにも行っていないのだった。僕もボールもどこにも行かないが、ただ触れていると安心だった。実際に僕とボールがより自由に動き回ることができるのは、コサルの旅に出てからである。
 プレートモーニングを食べた後、コサルカップに出場すると僕はもつれながらゴールを決めた。何者かと(恐らくはそれは僕のシュートを阻もうとする勢力の中に含まれていた)もつれたために、僕はその場に倒れ込み昨夜の雨に濡れながらしばらくの間、夢を見ていた。

(緑男が引き返してきて店に入ったが、2名様ですかと間違われるのが嫌でしばらく表の看板の写真を眺めてから店内に入った。隅っこのテーブルに座り、隣のテーブルに手を伸ばしてメニューを取った。開くと文字と背景が同化して読み取ることができなかった。「カニの……」と告げて、後は店員が何か続きを言ってくれるのを期待することにした。「カニの……」おばさんはそこまで言って、何かを継ぎ足す気配を示さなかった。「バターラガー……メン、表に書いてあった奴……」と言っても、店員は「バターラガー……メン」と何も隙間を埋める言葉を示してはくれなかった。おばさんは、仕方ないという様子で表にその正体を突き止めに行ったきり戻ってこない。)

 夢から醒めて起き上がると、ゴール前に人の姿はなく代わりに僕の足先に触れたボールがふらふらと転がってネットまで到達するのが見えた。
 僕はゴールを決めたのだ。大会でのゴールは、普通のコサルの2倍から1000倍の感触、32倍から7億倍の感動があるのだった。
 ありがとう! コサルカップの神様!
 コサルチームメイトに駆け寄って、歓びを分かち合う。

 真昼の川は、闇の鱗だけが揺れている夜とは違って明るかった。橋の下には、釣りを楽しんでいる休日の午後の人々の姿も見られた。水面が日の光を浴びて輝いていた。それに吸い寄せられるように橋から身を乗り出して観察した。落葉が、無数の落葉が水面に浮び、やはりそれも輝きを放ちながら漂っている。ひんやりとした風の中で、僕は真夏のフルーツゼリーを思い浮かべた。


posted by 望光憂輔 at 21:43| コサルビト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。