2011年11月21日

浴槽の鞄

 空っぽの浴槽に見たことのない鞄が置いてあった。少し家を留守にしていたせいだった。どう記憶を整理してみたところで、自分がそれを置いたということはない。では、いったい誰が置いたというのだろうか? 配達の人が親切すぎたせいで、宅配便が浴槽にまで届いた。そんな馬鹿な話があるものか。僕はまだ、鞄に触れることはできず、少し離れたところから観察することしかできなかった。タグらしいものは、どこにも見当たらない。いったい何が入っているのだろうか。好奇心の中には恐怖もあって、僕は触れることができなかった。誰か親しい人が、僕に荷物を届けようとしたけれどたまたま留守だったので、仕方なく浴槽に置いて行った。どうして浴槽なのだ。そんな親しい人などいもしない。僕は、疲れていたし風呂にも入りたかったけど、この鞄がある限りそれは許されない。一つの決断をしないことには、風呂に入ることもできないのだった。淡い期待を込めて僕は目を閉じる。
 一眠りした後、浴槽の鞄は消えてはいなかった。もっと恐ろしい可能性、これは泥棒の忘れ物ではないのか? けれども、家の中には何かを物色したような形跡はまるでなかった。元々散らかっている部屋はそれ以上に荒れ乱れることもなく、元のとおり散らかっているだけだった。泥棒ではない侵入者の別の目的は何だったのか。携帯電話を手にし数字を一つ押したところでやめてしまった。実際の被害が、何もない……。誰かに相談するべきか、誰か、こういう場合の専門家は。思い悩んでいる内に、もう一度自分の目を疑いたくなった。浴槽の汚れが、たまたま鞄に見えただけかもしれない。
 浴槽の鞄は、鞄と断定するにふさわしかった。僕はまだ、触れることができない。鼻先をゆっくり近づけると皮の匂いがした。顔を傾けて耳を澄ませた。静かだった。ぽつんと一粒、蛇口から落ちた。触れられないのは、僕の物ではないからだった。そして、その中からどのような物が現れたとしても、それを受け入れる覚悟ができないせいだった。しかし、そんなことが本当にあるだろうか。考えれば考えるほど不可解な出来事だった。家のゴミと一緒に、捨ててしまおう。一瞬そう考えた僕は震えていた。震えを止めようと、自分で自分を抱きしめると、震えはよりいっそう強くなった。

posted by 望光憂輔 at 00:58| 夢まち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。