2011年11月25日

回想駅伝

 エスカレーターには人一人が通れるほどのスペースしかなくて、人の横を通り抜けてゆくことはできない。前の人が立ち止まっていれば、その後ろの者も立ち止まっていなければならず、だから僕はずっと立ち止まったまま、前を塞ぐ人の背中を見つめているのだった。間に合うだろうか。順調に行けば、次の列車に間に合うはずだが、まだプラットホームは遥かに先だ。身動きの取れない姿勢で、見知らぬ人の背中を見つめたまま僕は機械的に運ばれてゆく。
 人数が足らないので試合に出てほしいという男は名前を名乗らなかった。とにかく出てほしいというけれど、どこで試合があるのかもよくわからない。「誰なんだ?」どうしても、出てほしいと言うのだが、詳しいことは何もわからなかった。どうしてこちらの電話番号がわかったのか不思議である。「駅は、どこですか?」こちらから確かめなければ何も始まらない。集まりが悪いのでどうしても来てほしいというそれはどうやら鳥取の方だということだ。
 家に戻る度にホワイトボードに文字が増えているのだった。元気ですという文字の下に誰かが元気ですと書き、そのまた下に元気ですと書き連ねてある。同じ元気ですを僕が一人で書くということはあり得ないことなのだから、この家には僕以外の誰かが出入しているのだ。気になって、ベッドの下や、冷蔵庫の裏を探ってみたけれど、文字を書きそうな連中はいなかった。
 エスカレーターは、ゆっくりと上に向かってゆく。長い長い上りの途中だ。
「今日ですか?」と問うと、日曜日まで毎日あるのでどうしても出てほしいという。「遠いので」と断ると待っているのでどうしても来るようにという。
 家に戻ると知らない人が集まって麻雀をしているということがあった。ホワイトボードを見ると勝負はこれからとか、自分を信じてとか、奇跡を起こせとかいった文字が増えていて、やはり僕以外の誰かが出入していることが明らかだった。盛り上がる麻雀と黒い煙から逃れるように、僕は二階へ上がった。
 発車のベルが鳴り響く。けれども、エスカレーターはまだ僕を運び終えない。長いベルだった。いつまでもそれは、乗車希望者を待ち続けるように鳴っていた。列車が動き始めた後も、鳴り止むことはなかった。もしかしたら、別のサイレンの一種だったのかもしれない。
 閉めたはずのカーテンが少しだけ開いている。閉めようとすると風が入り込んで、開いているのはカーテンだけではないことがわかった。一度、カーテンをすべて開けてみた。その時、ベランダに胡坐をかいた髪の長い男がいるのを見つけた。目が合うと、男は何かをついに見つけたような目をして、今にも動き始めそうだった。急いでカーテンを引き、男の視線を遮った。扉を閉めて、カーテン越しに鍵を掛けた。ホワイトボードに、落ち着いて、冷静に、気を確かに、と書き込んだ。ゆっくりと、もう一度カーテンを開けてみるとベランダは完全な夜に支配されたところだった。
 列車はどこにも止まることなく、折り返し地点にまで行くとそこから折り返し運転を始めた。どこで降りようとも、それは僕の知らない駅だった。どこで降りるべきか、動き始めた列車の中で僕は答を見つけなければならない。今日までのどこかに、そのヒントはあっただろうか。僕は目を閉じて、心地良い揺れの中で回想を始めた。

posted by 望光憂輔 at 02:57| 夢まち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。