2011年11月30日

新しいカード

 テーブルの上にカードを広げて終わったばかりの過去を再現していく。「もう一つの過去だけど」しんちゃんが言った。「後で場所を変えて他でやる?」時間外になってしまうので、もう全部は再現できそうもなかったのだ。類型的な形、推測できてしまう展開になったら手順を飛ばしてなるべく時間を省くようにした。「何か新しいカードが必要ね」皿に盛られた複数の野菜、キャベツやレタスやトマト、セロリ、パセリ、キュウリ、他にも紫色をした見たこともない野菜がある。「新しい感情が芽生えた時には」既存の言葉では足りず、例えば新しい恋を表すためには、まったく別の新しい言葉を作らなければならないとなっちゃんは言ったのだ。

 ラジオ体操が終わる。もうカードはいっぱいになってしまったので、次はデザインが変わることだろう。まぶしい陽射しを避けて屋内に入ると階段を上った。ちょうど歌人と新人が対談を始めたところで、僕は素知らぬ顔をしてその横を通り抜けると廊下の隅に置いてあった安楽椅子に座った。バスタオルを枕の代わりにして挟むととても良い心地である。こっそりと対談に耳を傾けながら、休んだ。

「もうへたばってるのか?」薄目を開けると班長が立っていた。今日の予定はもう終わりかと言って笑った。「僕は今終わったんです!」と反論すると、「みんなそうじゃないか」と言って一蹴された。「僕は昨日から眠っていないし」と付け足すと、「みんなそうじゃないか」と続けて返り蹴りにされる。「僕はただ少し言い訳したかっただけですから」と負け惜しみを言った。「だが、この子は好きだな」と横からこんじいさんが入ってきた。「なかなか意志が強いところがあってね」と言い、「ただ……」と続けた。「連絡してこないんだよ」と言って渋い顔になったので嫌な予感がする。「できるのにしてこないんだよ」と徐々に昔の話が始まり、執拗に礼儀作法について責め立てているのだった。こんなことなら、ただへたばっていると言われる方がましだ。まったく……。新しく話すことはないのか。もう何も言い返す気力もなく、顔を見るのも嫌になって僕は黙って靴を履いた。「やめるな……」出て行くところで、後ろから誰かが呟く声が聞こえた。やめる? やめるも何も……。その後に続く言葉は、何だろうと思いながら、歩き始めた。まぶしい陽射しが、足元にまで落ちて、爪先までもあたたかくなった。

posted by 望光憂輔 at 16:11| 夢まち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。