2011年12月29日

戦闘準備

 見たこともない大人が僕をちゃんづけにしたので少し驚き少しうれしかった。僕が気づかなかっただけで、どこかで何度か会ったことがあるのかもしれなかった。ホームで引き渡されて僕はおじいさんと2人になった。互いに何も話さなかった。中華料理屋の壁に張りついて団体客の中に紛れて入り、そのままエレベーターに乗って上がった。おじいさんは大きなベッドの真ん中に眠り、僕は余ったところで眠るけれど同じところで眠るのはどうも落ち着かず、それはおじいさんの顔のせいだと考えて向きを変えてみた。おじいさんの足を見ながら眠ってみることにした。目を閉じるとホームに立つ父の姿が見えた。父はひとりだった。誰かがクイズを出している。
「地球上のある生き物だけがそれを作ることができます」
 知っている。それは知っているよ。今、それが僕の首筋にいて動いている。蟹! 正解は蟹! けれども、もう1つの重要な事実、蟹は鋏を持っている。思い出すと目を開けられなくなった。それはまだ僕の首筋に留まっている。もしも……。それが凶暴な性格の持ち主で、最初は足の先の方を、徐々に胴体を辿って這い上がりついにその生命の最も弱い部分を見つけ出して、今まさに止めを刺す準備に入ったのだとしたら。一瞬のためらいが、生死を分かつのだ。僕は目を開ける。自分の首もろとも、それを払いのける。蟹はブーンと音を立てて飛んでゆく。「おじいさん! おじいさん!」けれども、ベッドで眠っているのは、今は猿だった。

「蟹が上ってきたよ!」
 一階の中華料理屋に報告に下りた。
「今の店長は俺だ!」
 新しい店長が言った。だから、もう借金は帳消しだと言った。捲り上げた腕にコガネムシが埋まっているのが見えた。
 校庭近くの自販機の前に留まっていた。コインを入れるとカプセルが落ち、中を開けると恥ずかしいものだったのでカプセルの中に戻した。もう一度コインを入れるとカプセルが落ち、中を開けるとまた恥ずかしいものだったので、またカプセルに戻した。三度目からは手に取っただけでそれが恥ずかしいものだとわかるようになり、開けずに取り出し口の中に戻した。無駄遣いだとはわかっていたけれど、自販機相手にすることといえば、コインを入れるくらいしかなかった。
「早いな」
 気がつくともう薄っすらと明るくなっていて、友達が立っていた。
「寝てないからな」
「試合なのに!」
 友達は明らかに怒っているようだった。取り出し口に詰まっている未開のカプセルを見つけたのか、それ以上は何も言わず、鞄を開けるとユニホームを投げつけた。背番号は後から持ってくると言った。僕はハリガネを全身に巻いて戦闘の準備をした。余分な部分を切断して、なるべく身軽に動けるように工夫して巻いた。
「試合に出たいぞ!」
「俺も出たいぞ!」
 互いに今日の健闘を誓い合うと、それに鴉も加わった。

posted by 望光憂輔 at 00:26| 夢まち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。