2010年07月29日

みかんの皮

 ユウちゃんは投げることが好きだった。朝目覚めては投げ、夜眠る前には投げ、それ以外の時は、眠っていたり食べていたり歌っていたり、それ以外に思いついた遊びをしていた。何を投げていいのかわるいのか、どこに投げていいのかわるいのか、それはわかっているようなわかっていないようなところがあり、時々思わぬものが飛んでくることがあるのだった。
 みかんを食べるかと思えば、みかんの皮が飛んできたのだった。僕はそれを受け止めたり、かわしたりしていたが、その小さな欠片は連続して飛んできて、その防御はなかなか大変だった。ユウちゃんは、割と遠くまで飛ばすことはできたが、コントロールはまだまだだった。ついに手元が狂って、みかんの皮はタコお母さんの顔に命中してしまったのだ。

「痛い!」
 タコお母さんは、眼を押さえて下を向いた。
「ユウちゃん!」
 ユウちゃんは、投げることをやめて、空っぽになった両手を下げて立っていた。その姿は、ホームランを浴びてしまった時のピッチャーのようだった。何も言わず、ユウちゃんは審判の方を見つめて立っていた。
「痛いよ、ユウちゃん。こんな時は、何て言うの? ねえ、ユウちゃん、何て言うの?」
 けれども、ユウちゃんは何も言わず、当惑に縛られたように動かなかった。
「お母さん、教えたよね。こんな時は何て言わなくちゃいけない?」
 タコお母さんは、ずっと眼の辺りを押さえたまま、ユウちゃんに話し続けていた。本当に、相当に痛いのか、それともユウちゃんが口を開くまでの時間、痛い形を保ち続けているのかのどちらかだった。

「わざとじゃないのはわかるよ。わかるけど、当たったよね。わざとじゃなくても、お母さんに当たったよ。痛い、痛い。お母さん、痛かったよ。ユウちゃん、こういう時は、何て言うんだった? 言ってごらん」
 とうとうユウちゃんは、泣き出してしまった。
「ごめんなさい! お母さん、ごめんなさい!」
 泣きながら、お母さんにしがみついた。
「お母さん、大丈夫?」
「大丈夫よ」
 タコお母さんは、ユウちゃんを抱きながら微笑んだ。

posted by 望光憂輔 at 12:56| いとくるしい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。