2011年03月10日

派遣チーム

「今日はどこが悪くて来られましたか?」
「昨日の続きでお願いします」
 昨日よりもリハビリ室は混み合っていた。ベッドが空くのを待っている人、座って治療している人、仰向けになって背筋を伸ばしている人。
 首吊り治療を受けている人の隣が空いていたので、僕は適当にかけて待つことにした。
「すみません。そこは操縦席になります」
 看護師さんが教えてくれた。やはり、間違えてしまっのだ。待合椅子と操縦席を間違えてしまった。
「えっ?」
 立ち上がろうとしたが手遅れだった。もう飛行が始まっていたのだ。

 手に巻かれた包帯に姉が気づいたのは、姉の車に乗って30分も経ってからだった。全身火ダルマ、あるいはミイラ男のように派手な変化を遂げていなければ人は人の異変にそう簡単には気づかない。別人が来ていたとしても、姉はしばらくは気づかなかっただろう。
「手で止めた時に」
「手を使ったら駄目でしょう?」
「キーパーだった」
「キーパーに変わったの?」
「たまたまその時にキーパーだった」
「どうしてたまたま?」
「色々とポリバレントなフリーターのような、派遣のような」
「派遣チーム?」
「そうではないけど……」

posted by 望光憂輔 at 17:46| 冬の包帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。