2011年04月29日

抗議

 ゴールの余韻に浸り、歓喜の輪の中に入り込んだように浮かれ、リプレイされる香川選手のドリブルに見惚れていたのだった。
「そろそろ片付けないと間に合わないぞ!」
 現実の中の声が、直前のゴールを取り消さんばかりの勢いで響いた。
「もう片付けますか?」
「全部でなくてもこっちだけでも」
 ソファー側を残して、手前側だけでも、と大げさな手振りを交えて白いカウンターの向こうの人間が言っている。僕は全部を片付けてしまった。手前から片付けている内に、残しておく境界線がわからなくなって、体が止まらなくなってしまったのだ。間に合わないという忠告とは反対に、随分と時間が余って困ってしまう。
 そして、一人が、四人目の交代選手が間違って入ってきたように、遅れてやってきた。戦争犯罪者を迎えるようにして出迎える。
「いらっしゃいませ」
「何が一番早いのですか?」
 罪の軽減を求めて罪人が伺いを立ててきた。
「揚げ物です」
 僕は指示された通りの答えを返す。
「肉じゃがコロッケだって!」
 たった今、水死体が発見されたように、男は顔をしかめ冷凍庫のドアを開ける。
「PKだ! PKだ! PKだ! 」
 朽ちかけたテレビの中で、同じ言葉が繰り返されている。

posted by 望光憂輔 at 01:00| 冬の包帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。