2011年05月31日

24時間ルーレット

 コサルに出かけた次の日には、洗濯に出かけた。家から歩いて15分ほどの場所にあるコインランドリーに歩いて出かけた。自転車は遥か昔に盗まれてしまって、それから戻ってこない。けれども、歩くことが好きだ。自転車に乗っていると速く進むことができるし、より遠くに行くことができるかもしれないが、ドリブルの練習をするなら歩いた方がいいのだ。前からおばさんを引き連れて歩いてくる黒犬に向かって、僕はボディフェイントを繰り出す。僕は右へ行くのに一瞬左に行くような素振りを見せたので、それにつられて犬は一瞬ステップを崩した。少し怒ったような顔をして、くるりと回って散歩道に戻って行った。24時間、いつでも僕はドリブルのことを考えることができた。ボールのない場所でも、コサルのない1日でも空想することは自由だった。
 いつでもいる管理人のおばさんは、今日は姿が見えなかった。1週間分の洗濯物を詰め込んで、喫茶店の前に行くとまだ5時にもなっていないのに今日は店が閉まっていて、交差点近くの珈琲館まで歩いた。店に入り、見つからないように身を潜めていると店の人が注文を取りに来たので、やむを得ずホットココアを頼んだ。数分してココアが運ばれてくると表面には白いクリームが浮んでいて、スプーンでかき混ぜるとそれは自然と液体の中に混じってなくなっていった。けれども、完全に消えるのではなく、少しだけ、クロスバーに跳ね返って幻となったゴールの未練のように、溶け切れずに残って浮いているものがあった。唇をつけると、それは唇にくっついてしゅわしゅわとした。ココアは数分経っても熱いままで、一口含む度に体の中が温かくなった。
 ランドリーに戻るとやはり管理人はいなかった。いつもいるように思っていると、いないところが目立つ。昨日は確かにたくさんのゴールを決めることができたけれど、それはたくさんのチャンスに恵まれていたからで、突然上達したわけではないのだ。その証拠に、ゴールと同じ程のシュートミスをしたのだし、ゴールと同じ程のあるいはそれ以上の数のチャンスを潰しもしたのだから……。100円玉を入れるとゆっくりと乾燥機が回り始めた。遠くから廃品回収車が不用品のリストを読む声が聞こえた。
「CDラジカセ、プレイステーション、洗濯機……」

タグ:ココア
posted by 望光憂輔 at 19:57| コサルビト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。