2011年06月03日

ロードレース

 鉄の塊をそのまま高いところに置いて、僕は手を離してそのまま帰るけれど、最後の感触が不安定で今にも落ちてしまうのかもしれないと思うとより遠くへ遠くへ逃げたかったのだ。駅は祭りのために封鎖されているけれど、祭りの間を縫って走る電車があるというのだ。本当だ。人波を縫って、あるいは人の上に乗り上げたりしながら堂々と電車が行く。待って、僕は乗ります。中は空いていて、けれども、僕は横掛けの椅子に、お婆さんの隣に座る。「いつでも100円なんですか? えっ、祭りだから100円なんですか?」 9時までにホテルに行かなければならなかった。けれども、僕は履歴書を持っていないことに気がついた。それも気になるしあれも気になる。
 今はこれしかないけどと僕は父にお金を手渡して自転車を走らせたのは随分前のことだった。今も僕は自転車を走らせている。前から白いボールが転がってくる。危ない、違う、あれは風に流されるスーパーのレジ袋。玩具屋に立ち寄って、硝子ケースの中を覗きこんでいると、お婆さんがこれなんかどうだいと言うそれは軟式テニスボールのように軟らかなバットだったが、床下からタカが現れた。5000円ばかりをタカから巻き上げて、その一枚で、おまえは点が取れないと言いながらタカの頬を叩いたが、本当はそれはタカを爆発させたいという願いからしたことだった。たどり着く場所のない道を、自転車を走らせてどこまでも行った。そして、また周回遅れの選手に会うように父の前を通り過ぎた。自転車はどんどん加速して、急カーブを大きく弧を描いて走り抜ける。その先の壁に突き当たるとそこはうどん屋さんだった。母がうどんを注文している。「おうどんください」と母が言う。

ラベル:自転車
posted by 望光憂輔 at 18:16| 夢まち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。