2011年10月13日

バーベキュー

 少し離れた場所に車はゆっくりと停止した。
「さあ、食べてきなさい」
 降りるのは子供だけだった。僕は真っ先に駆け出していた。壁に吊られているのはショットガンではなく、銀色の鉄串に突き刺された肉や野菜だった。肉が三つ突き刺さった鉄串の一つに僕は手を伸ばした。口に含むと味はしなかったが、構わず一気に食べてしまった。鉄串を壁に突き刺した。続けてその隣の鉄串に手を伸ばした。それは肉が二つしかついてなく、前に来た誰かが肉の一つを食べたのかもしれなかったが構わず残りの二つを食べた。鉄串を壁に突き刺した。少し落ち着いた。テーブルの上に食塩があるのを見つけ、今度はそれを使うことにした。テーブルを挟んで反対側にある、肉と野菜の入り交じった鉄串を手にして食塩を振りかけて食べる。今度もまたおいしかった。エンジンの音が聞こえたので、僕は種類も見ないで壁の鉄串を一本抜き取って走り出した。母たちが、車で待っていた。
「早く!」
「一本、持ってきたよ」
 母に手渡した。僕が乗ると同時に車は急発進した。弟はもっと遠い場所に行っていて間に合わなかった。
「****は?」
 母は黙って頷くばかりだった。僕の持ってきた鉄串を膝の上で大事そうに握っている。

 弟と同じ名前に見えた。見間違いかもしれなかったが気になって画面を見続けていた。再び画面が当選者の発表に切り替わりその名前が現れた。身を乗り出して、一字一句を見逃さないようにしっかりと見た。それは弟と同じ名前だったのだ。どこにでもありそうな名前ではあったのだけれど。
「おめでとうございます! 見事特等に当選されました    さん」
 当選者たちが順に登場して喜びの声を上げている。いよいよ弟と同じ名前の当選者の登場となった。
「****さん。どうぞ。この度は当選おめでとうございます」
 弟の面影は一切なかった。いくら限りない歳月が流れていたとしても、無数の雨と骨とが僕らの間に突き刺さったとしても、それはあまりにもかけ離れている。別人だ。まったくの。
「運がよかったです!」
 運がよかったというだけで当選したという男は、スカートの裾を揺らしながら跳びはねた。


posted by 望光憂輔 at 02:13| 夢まち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。