2011年11月11日

野生の目覚め

 部屋の中に防犯カメラのようなものがあって近づいてみると赤いランプが消えていて、作動しているのか作動していないのかわからない。エアコンのスイッチと連動しているようでもあって、連動していないようでもあった。監視の下での生活を一瞬想像して、一瞬受け入れる覚悟をした。もう一度人形を組み立て直して、いつでも運べるようにしておいた。

「待ちなさい!」と止めても彼は、はやる気持ちを抑えきれないようだった。格子の隙間を通り抜けて駆け上がってしまった。人間には通れない程の小さな隙間、そこから覗き見上げると夕暮れの動物たちは、こちらの存在を知ってか知らずか塀や木の上に身を置きながらも微動だにしなかった。強い風が、通り過ぎるのを待っているように、あるいは夜を……。「帰ってくるかな?」姉が心配そうに言った。勢いだけで抜け出していったのならいいけれど。もしも、本当はこの瞬間をずっと待ち望んでいたとしたら。ついに、野生の目覚めが訪れてしまったのかもしれない。もう、家の事なんか忘れて、新しい世界で生きていくのだろうか。「どこに行く?」サラリーマンの一行が行き着く先について相談をしながら歩いている。「この辺にしておくか?」そうしてある店の中になだれ込んで行く。

 壊れたカメラを触りながら、いつまでも待っていた。部品の一つが取れて、それをどこに戻していいのかわからないのだった。カウンターの上を自分の机のようにして散らかしているとそれが誰かの目に留まってしまった。「いったい何をやっているんだ? ここは家じゃあないんだぞ。だいたいおまえなんか二十歳にもなっていない!」と言って責め立てた。「二十歳」と言ったところで隣にいた兄が鼻で笑った。それにしても遅い、遅すぎる。野菜汁というのは、そんなに時間がかかるものか。「遅い! 遅いなー!」カメラで責められた腹いせに僕は声を上げていた。「おじいさんが作っているんだから」と兄が諭した。おじいさんが、ゆっくりと作っているのだった。待ち切れない程待ちくたびれた頃、おばあさんが手に皿を載せて厨房の奥から現れた。「お待たせね」大きな皿の上には、倒れたクリスマスツリーのように竹の子が載っていた。野菜汁? これ、野菜汁……。

 人形を抱えて離れ座敷まで運んだ。そっとドアを開けると奥の方から何人かの歓談する声が聞こえた。忍び足で通路を通り、応接間まで行くとソファーの上に人形を寝かせた。三脚付のカメラがソファーの上を見つめていた。作動しているのか、作動していないのかわからいが、小さな息遣いが聞こえた。そのまま部屋を出ようとした。「フラッシュメモリを抜くのだ」どこからともなく父の声がした。急いで戻ってフラッシュメモリを抜き取った。人形は上を向き、ずっと目を開いていた。


posted by 望光憂輔 at 02:51| 夢まち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。