2010年11月08日

旅立ち

「黒豆食べてたでしょ?」
 タコおかあさんが言う。
「黒豆黒いから嫌!」
 最もなことを言うユウちゃんは昨日から熱を出して、今朝はとうとう39度を超えているのだった。子供というのは、大人と比べて頻繁に熱を出すものだから、大事なのは熱そのものよりも種々の症状の方なのだから、そんなに心配はいらないと言っていたタコおかあさんも、いよいよのん気な事は言っていられなくって、父が使っていた古いパソコンを開いて市の病院に検索をかけている。町にある病院の診療は午後からで、やはりそんなのん気に構えてはいられないのだった。パソコンの隅の時刻は、8時間ほど狂っていた。
 ユウちゃんは、病院を注射を嫌がって泣き叫んでいた。一年前のユウちゃんならば、平気だったことも、痛みや悲しみを覚え始めた今では、もう医者や注射は恐怖の対象となっているのだった。
「ユウちゃんは強いんだから」
 泣きながら兄の車に押し込まれるユウちゃんに言うと、ユウちゃんはきゅっと唇を閉じた。
「それではここでお別れね」
 僕はもう昼に家を出るので、姉は別れの手を振った。ユウちゃんは、それどころではない。

 杖をついた老人が、車庫の隅に腰掛けている。隣のデイホームに通っているおじいさんだ。少し頭が弱っているのだと母は言った。
「先日はお見送りありがとうございました」
 母が近づいて礼を言った。
「先生はやかったね」
 優勝投手について言うように、言った。
「そうです。入院の3日前まで、車を運転していました」
 おじいさんは、頷いた。杖の先が、点々とコンクリートを突いている。
「うちにもよくきてもらったからね」
 それからまた余白が生まれる。余白の中にかなしみが生まれる。
 兄の車が出て行った後の車庫は空っぽだった。
 母と一緒に車庫の奥の不用になった段ボール箱や、道具などを片付けた。ハルちゃんがやってきて、色々と相談に乗ってくれた。僕はタイヤを抱えてハルちゃんのトラックの荷台に載せた。車庫の隅にはホワイトボードが掲げられ、今月の予定と上に大きく書かれてあった。予定はあまり埋められておらず、金曜の下に赤い文字でゴミの日などと書かれてあった。7月に書き換えるようにと母が言ったので、僕は6を7に書き換え、6月のすべての日付を消して7月の数字を書いていった。前半は手に力が入らず、いい加減な数字を書いてしまったので、後半は少し気を取り直してしっかりとした数字を書いた。

 予想よりも早く兄の車が帰ってきた。ユウちゃんは、普通の風邪で心配はいらないという。口を開ける時にはひどく嫌がり、お医者さんに噛み付いたらしい。間に合ったので兄に駅まで送ってもらうことにした。
「金はあるのか?」
 ここ数日の間、何本も兄から煙草をもらっていたこともあり、余計に心配をかけたのかもしれなかったが、兄がこのようなことを言うのは珍しいことだった。車は橋の上に差し掛かり赤信号で止まった。
「大丈夫」気遣いに対するうれしさと、気遣わせたことのかなしさの中で、僕は大丈夫と繰り返した。
「ありがとう。また8月に」
 窓の向こうで駅長は電話中だった。こんにちはと頭を下げた。電話が終わるのを待って切符を買い、誰もいないホームへと渡った。ホームの向こうにはまだたくさんの緑があり、どこからともくさえずりが聞こえた。すぐ向こうに天国への道が続いているように思われた。

 僕はゆっくりと進む列車を選んだ。列車は各駅に止まり、時々はその場で休みさえした。聞いたことのない駅名ばかりが続き、ゆっくりと日が欠けていくのがわかった。どれくらいのはやさで進んでいるのか、どれくらい目的地へ近づいているのか、よくわからなかったが、真っ暗になる頃には着いているはずだというくらいの自信があった。ゆっくりと進む列車に乗っている人は僅かだった。そして、だんだんと少なくなってゆくように思われた。ものしずかな車内のどこかから聞こえてくるすすり泣くような声、それは消灯時間前の病室に似ていて、僕はもう一度流れ出してしまう。お父さん。だけど、これで終わりにするよ、きりがないからこれで終わりに……。家から持ってきた父のハンカチで、僕は顔を覆った。

「次は尾道」
 知らなかった。尾道がこの辺りにあったこと。
 列車は、尾道に止まった。しばらく、止まったままだった。



                       終



タグ:小説
posted by 望光憂輔 at 16:09| はやかったね | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月06日

商売柄

「線香を持ってきてしまいました」
 男は気まずそうに言った。
「うちはローソクですが」
 母は言った。
「持って帰りましょうか?」
「いえいえ 誰か人にあげましょう」
 持って帰ることはないと母は言って止めた。
 男は30年前の父の教え子だと言い、その頃の話を色々とした。誰先生がどう誰先生がどう誰先生が僕に友達を選ぶように忠告したのだどう、先生は真面目な先生でしたどうと昔の話を語った。ふと、傍で聞いていた僕の方を向いた。
「息子さんは先生ですか?」
「いえいえ」
 母が笑いながら否定した。
 先生なんてとんでもない。何一つ人に教えるようなことはないのだ。
「面影が……、似ておられる」
 似るべきところは、あまり似なかったということだろうか。
 思い出話を語り終え、帰り際に男は墓のパンフレットを広げた。
「商売柄なんですが……」
「うちはありますので」

父の死後の食事
 バナナ、みかん、メロン、和菓子積み合わせ
 カップ酒6、ビール350ml×3、ビール250ml×6
 トマト、ピーマン、胡瓜、茄子 等


posted by 望光憂輔 at 15:23| はやかったね | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月05日

リモコン

 壊れていたテレビをようやく修理し終えた電器屋さんが運んできた。大きくスリムでモダンな雰囲気の、たくさんのチャンネルがあって、やべっちまでもが映りそうなテレビだった。昔のテレビなら力を抜いた体のように重くて、とても一人では運びきれなかっただろう。台の上に設置して、スイッチを入れるが、それから電器屋さんは振り返った。
「リモコンはないでしょうか?」
 僕は踏み場もない机に上がりガラス戸の中を覗き込みながら、何か面白そうな本でもないかと探していたのだった。俳句入門。父と俳句はどうも合わない。しかし、とりあえず手を出してみるというのはありがちなので、数えるほどの歌を詠んでいる可能性はあるような気がした。
「散らかっていますので」
 断った上で、足元の無数の本や新聞や文房具などをかき分けてリモコンを探してみるが、なかなかそれは出てこない。リモコンというのは、よくなくなってしまうものだ。
「店の方に電話してみます」
 電器屋さんが店に電話する。店でリモコンは無事発見される。
「ちょっと店にリモコンを忘れましたので」
 すれ違う母に、電器屋さんは言った。
「家のでは駄目ですか?」
 母の訊ねる声が聞こえた。

「足に草が生えてる」
「草じゃないよ」
 僕はユウちゃんの主張を打ち消した。
「ユウちゃん、オムツ履いてるよ! おじちゃんは?」
「パンツを履いてるよ」
「おかあさんは?」
「パンツを履いてるよ」
「じゃあ、ばあちゃんは?」
「パンツを履いてるよ」
「じゃあね、じゃあねえ、」
 ユウちゃんは、なかなか追究の言葉を緩めない。どこまでも掘り下げる。
「じゃあ、カーテンのオムツは?」
 難しいところにジャンプした。
「カーテンのオムツは窓だよ」
 ユウちゃんは、カーテンの方をじっと見つめている。
「ちがうよ! だって、窓はね……」
 間違ったことを言ったので、怒られる。


posted by 望光憂輔 at 13:05| はやかったね | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。